FXで退場しないためには

セミナーや書籍で基本を学ぶ

/ FXの基礎知識

セミナーや書籍で基本を学ぶ / 学んだら検証することが大事 / ギャンブルにならないように気をつける

FX歴は長い方ですが、損切りが続いた時やエントリーに悩んだら初心に戻るようにしています。
調子が悪いのにズルズル続けても良い結果は出ず、ますますスランプに陥ってしまいます。
このような時は一定期間相場から離れるのが一番効果的です。
相場から離れている時に書籍を読み返したり、無料で参加できるオンラインセミナーを視聴する事で自身の欠点が見えてきます。

不動産投資=入居率低下の不安、株式投資=暴落の不安、FX=ギャンブル性が高い。これらの投資とは違い、給与前払いシステムは確実に利益が上がる仕組みとなっており、副業としてお考えの方、余った時間を有効活用したい方、老後安心して暮らす為の蓄えをしたい方におすすめするビジネスです。

— 相互100 AAAインベスト JOBプランナー (@invest_sns) 2018年8月16日
書籍やオンラインセミナーはテクニカルの読み方を復習できます。
トレーダーの手法を参考にする事も出来ます。
また、FXブログも書籍やオンラインセミナーのように参考にできます。
書籍では紹介されていないオリジナルの手法やメンタルなど、学ぶ事は多くあります。
また、スランプだと感じた時にはデモ口座で取引するのもお勧めです。
デモ口座は無料で使えますし、実際に資産を増やす事は出来ませんが、資産が減る心配もありません。
一定期間デモ口座で取引して資産が増えたら再度リアル口座で取引するようにしています。
ただ、手法の見方が間違っていて損切りが続く場合も考えられます。
私自身、このような時はこの手法が合っていないとあきらめて他のテクニカル分析や手法に変えるようにしています。
テクニカル分析は一つや2つだけはありません。
トレンド、オシレーター系合わせても無数にありますし、複数のテクニカル分析を組み合わせてオリジナルの手法をつくる事も可能です。
私自身も2つや3つ組み合わせて取引しています。
あまり、多くのテクニカル分析を組み合わせ過ぎると複雑になってしまい、エントリーチャンスを逃してしまう恐れもあります。